2016年04月20日

落書

「小籠包てあるじゃん」
「ああ」
「餃子みたいなやつ」
「知ってるよ」
「肉汁凄いじゃん」
「あのレンゲに乗せて食べるやつでしょ」
「そうそう。そのまま食べると肉汁で口の中火傷するって脅された」
「うん」
「あれはムカついたな」
「なんで」
「好きに食わせろよ、て」
「でもレンゲで食べたんでしょ」
「そりゃ火傷は厭だからな」
「で、なんの話?小籠包うまかった、で終わらないよな」
「小籠包の肉汁てさ」
「うん」
「そのとき知ったんだけど、あれ肉汁のためになんか入れてるらしいんだ。あのゼリーみたいなアレ」
「ゼリー?」
「あの出汁のゼリー」
「煮凝り?」
「それ。そういうの入れて、わざわざ肉汁出してるんだって」
「そうなんだ。知らんかった」
「あれはムカついたな」
「なんでまた」
「だって肉汁って本来結果だろ」
「結果ってなんだよ」
「餃子とかの肉汁って、旨く作った結果として出るもんじゃん。良い肉使うとか」
「うん」
「それを人工的に出そうとするなんておかしくないか、と思うんですよ」
「あー」
「旨い結果として、いわば副産物としての本来の肉汁じゃないんですよアレは。肉汁が出れば旨い、ていうのは本来の姿を見失っているんですよ」
「でもうまかったんだろ」
「うまかった。ただおれは認めない。見失っている」
「でもうまかったんだろ」
「で、そこで終わらないんだこの話は」
「ん?」
「おれは小籠包に疑問を感じながら、ある感覚を思い出した」
「すげえ言い回しだな」
「、、、なんだと思う?」
「引っ張られてもそもそもこの話が見えてないから」
「ヒントは」
「いらないけど」
「汁、だ」
「いらないって」
「つまらん」
「話したいなら進めてくれ」
「、、、おれは小籠包を食べながら、前日観たAVのことを思い出した」
「食事中だろ?」
「ああ、しかも家族とだ」
「哀しくなるな」
「いや、エロいことじゃないから」
「そういうことじゃないだろ」
「そのAVは、潮吹きがフューチャーされていた」
「短絡的だな」
「なにが」
「肉汁で潮吹き。頭どうなってるんだ」
「似たようなもんだろ」
「あと未来じゃねえ」
「ん?」
「フィーチャーだから。フューチャーじゃない。」
「そういう細かい部分はいいんだよ」
「フューチャリングもおかしいからな。フィーチャリングだからな」
「しつこい。で、そのAVが、とにかく潮吹かせるやつだったの」
「ああ、あるね」
「女優に水分摂らせまくったりするんだけど」
「あれはもうエロとかじゃないだろ。びっくり人間みたいじゃん。アレは好きじゃない」
「同意。そのAV観たときの違和感が小籠包にあったんだよ」
「肉汁?」
「そう。潮吹きも結果じゃん。気持ちいい、イく、そのときの結果として、副産物としてのが潮じゃん」
「それを水分過多にして出させるのは、てことか」
「そういうこと」
「ちょっとわかるわ。小籠包よりわかる」
「そういうことを、思ったわけですよ」
「ただまあ」
「うん?」
「潮吹きが、気持ちいい結果としてのものかどうか」
「我々には、確かめる術がない、か」
「とりあえず、家族との食事中にAV思い出すのはやめとけ」






posted by 淺越岳人 at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

落書

「あたしは『ライナスの毛布』じゃないのよ」
それはあまりに洒落た訣別の言葉だったので、ぼくはいっぺんに蓉子のことが好きになってしまった。
どきどきした。なんて素敵な言葉を持つ女性だろう。正直言ってこんな言葉を持っているとは知らなかった。それまで彼女に抱いていた印象、「退屈」だとか「平凡」だとか、そういった印象が吹き飛ぶ。ぼくが蓉子に求めているものと、蓉子が僕に求めているもの。その差異を極めて端的かつ暗示的に表現できる知性が美しく思えた。愛おしく思えた。
だが。
「今までありがとう。楽しかった。」
惜しむらくは、それに気づいたのがこの別れの場面である、ということだ。
「ああ」
それに引き換えぼくは、そんな返事とも言えないボヤけた言葉を蓉子の背中に掛けただけだった。
後悔の念は、ある。しかし後悔していても仕方ないので、洟をかんで店を出る。
posted by 淺越岳人 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

落書:『僕だけがノーリターン』その1

母さんの目玉焼きは、いつも絶妙だ。
黄身を箸で割っても、中身が流れ出さない。かといって火を通し過ぎてパサパサになってもいない。僕の好みの固さだ。
そして毎朝必ず、この固さだ。
その黄身をご飯と一緒に口に運ぶ。醤油とかソースとかかけなくて良い塩加減。正直うまい。
母さんをチラッと見る。僕のことをジッと見ている。変な緊張感を緩めるため、僕は「おいしい」って表情を作る。わざわざ。
母さんはそれを見て安堵の表情を浮かべる。お茶を淹れるためにキッチンに戻る母さんの背中。
どうにもし難い疲労感の中、僕はさっさと朝食を食べ終わる。ごちそうさま、と言いながら僕はまた考える。
あの目玉焼きを作るのに、母さんは何回「やり直し」たのだろうか、と。

出がけに母さんから傘を持たされた。朝は晴れているけど、夕方から大雨に「なった」から、と。
でも僕は折り畳みを持っているからいい、と返事する。折り畳みじゃダメなくらい「降ってた」よ、としつこく持たされる。
母さんがそう言うなら間違いはないから、素直に傘を持って家を出る。
確かに道行く人みんな傘を持っている。当たり前だ。夕方に雨は降るのだから。それは事実なのだから。みんなそれを知っているのだから。
また僕だけだ。みんなが知っていることを知らない。
駅に向かいながら、携帯を取り出し、SNSを渡り歩いて「今日の出来事(ニュース)」をチェックする。いくつか話題になりそうなことを頭に入れる。今晩のドラマの展開とか。
毎日同じだ、と毎日思う。毎日は繰り返しでしかない。
もしかすると自分は恵まれているのかもしれない、と思うのはこういうときだ。
目玉焼きの焼き加減を失敗しただけで。夕立の日に傘を持たなかっただけで。こんな繰り返しの日々を何度も何度も「繰り返し」て「やり直し」ている彼らは、果たして気が狂わないのだろうか、と。だったら「やり直し」のできない僕だけが正常なんじゃないか、と。
まあでもやっぱり「できない」のは僕の方で、それは変わらないんだ。ただの自己憐憫。吐き棄てるように頭から追い出す。
そんな詮無いことを考えながら歩いていたら、ちょっとゆっくり歩き過ぎたようだ。携帯をポケットにしまって、少し急ぐ。
あと10分くらいで人身事故で電車が止まると、隣のクラスの奴がTwitterにポストしていた。
みんなと違って遅刻しても、僕には「やり直し」できない。遅刻などしたら、それがバレてしまう。
かと言って「やり直し」ができるやつが必死にダッシュするわけもないので、僕は急いでいることを気付かれないようなスピードで駅へ急ぐ。

posted by 淺越岳人 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。